【三条市】防水工事について

みなさまこんにちは!

三条市・燕市・加茂市の外壁塗装・雨漏り専門店のカラークリエイトです!

 

この間は雨降ったか思えば、晴れてみたりと不安定な天気でしたね。

とくに西日本の方はかなり雨が降ったようで、まだ修繕工事が完了していないところもあるみたいです。

 

 

そんな雨が降ったときに気を付けないといけないのは防水工事です。

 

今回は例として、屋上の笠木部分のウレタン塗膜防水についてお伝えします。

雨が面で受けるので、しっかり防水処理を行う必要があるところです。

 

今回の例では防水塗膜を塗るだけでなく、メッシュシートを入れてから防水層一層目を塗布します。

 

こちらがメッシュシートを

ヘラで押えながら

貼り付けているところです。

 

 

 

 

 

この次にローラーでウレタン防水材を塗布し、

メッシュシートを押さえていきます。

この塗る作業ですが、塗装だと塗料をローラーにつけて

色をつけるという感じですが、

ウレタン防水の場合は、防水材を置いてくるという感じで、

塗装よりも膜厚を厚くつけることが重要です!!

膜厚が薄いと防水としての役割が低下してしまうので、材料自体も外装用塗材に比べて

かなりどろどろとしています!

 

梅雨の時期は過ぎましたが、台風がまた来ているということで防水には是非気を付けて下さいね。

少しでもお家の状態が心配な方がいらっしゃいましたら、

ぜひ一度、三条市・燕市・加茂市の外壁・屋根塗装専門店のカラークリエイトにお問合せ下さい!

プロの診断士が無料でお客様のお家を診断いたします。

問い合わせはこちら